レンタルなんもしない人

レンタルなんもしない人(ドラマ)6話のネタバレ感想と7話の考察!ヘアカットと子連れでバスに乗りレストランへ!

レンタルなんもしない人(ドラマ)6話のあらすじからネタバレ感想まで暴露!

https://twitter.com/TVTOKYO_DOUGA/status/1260599191698432000
レンタルさんは待ち合わせ場所に来ていたが依頼人がなかなか来ない。心配になり依頼者のメッセージを確認するとブロックされていたので仕方なく帰ることにする。

その帰り道でヘアカットのチラシをもらったことで、散髪することにするのだった。そして、散髪が終わり家に着くとまた新たなメッセージが来て子連れの主婦の外食に付き合ってほしいという依頼だった。

その依頼をすんなり了承してレンタルさんは、依頼人に会うことにする。そして、そのレストランに向かう道中バスに乗ることになるが、そのバスがいっぱいでなかなか乗ることができない。

次のバスが来て乗ろうとした時にまたいっぱいだったので気まずくなったレンタルさんは強引に乗り込んで、その主婦の乗るスペースを確保してあげるのだった。

その後、その主婦がトイレに行きたくなってしまいレンタルさんに子供のことを観といてほしいと頼みトイレに向かい帰ってくるとレンタルさんが子供をあやしている姿を見てその主婦は何もしないわけではないんだと思い喜びの表情を浮かべるのだった。そして、やっと目当てのレストランに到着して二人はビーフシチューを食べていると子供が泣き出してしまい周りの客たちに疎ましく思われしまう。

その主婦が子供を外に連れ出しあやしている姿を見てレンタルさんは子育ての大変さを知っているのか食べるのを待ちその主婦が帰ってきて温め直し一緒に食べ始めるのだった。

その帰り主婦から交通費とお礼の品である帽子を貰う。そして、新たな依頼としてあるホストから体験ホストとして参加してほしいというメッセージが入るのだった。


依頼人からすっぽかされてしまった将太は怒りを表すこともなく美容院に行き有意義な時間を過ごしたと感じていたのだった。

そんな将太のもとに主婦の佐々木麻衣から急遽の依頼が入り独身の頃に通っていたレストランが今日で閉店するから同行してほしいとのことだった。

麻衣は生後9ヵ月の子供が周りに迷惑をかけるということに不安を持っていたことから将太への依頼だった。

将太と麻衣はレストランに向かう為にバスに乗ろうとする。しかし麻衣が赤ちゃんをベビーカーからおろすのに手間取っていたが何故か手伝わずに見ているだけの将太がいた。

そしてそのことでバスに乗車する人がいっぱいになり気を遣い乗らない麻衣。次のバスでも乗客は多かったが将太がこじ開けて乗ったことから、何とか麻衣もバスに乗れてレストランに向かうことが出来るのだった。

レストランに到着して店主と挨拶を交わした麻衣は無事、食事を食べ始めるが赤ちゃんが泣き出してしまう。何とか赤ちゃんをあやしてレストランの食事を堪能することが出来た麻衣だった。

そして麻衣は将太がついてきてくれたことに感謝して交通費とプレゼントを渡すのだった。帰宅した将太は麻衣からもらった小さな帽子を自分の赤ちゃんにかぶせてあげるのだった。

今回の感想はレンタルなんもしない人を頼んでるんだからと依頼人の麻衣が将太に何も期待していないのが伝わってきました。

そしてそれに見事に応えて何もしない将太も流石だなと感じました。


Twitterでブロックされても無表情。それどころか、ビラ配りのお姉さんからもらったビラの美容室へ。

依頼者が来ないので、確認しようとしたら、ブロックされて。せっかくだから、いい機会なので、ヘアーカットと。美

容師の中年男性が「なんもしない人」の顔を見て、「Twitterやってます⁉︎」って訊くのです。だから、森山将太(増田貴久)は、「はい」と。

自宅に帰るのが早くなりました。そこへ、新しい依頼が。「はじめまして。9か月の子がいる母です。赤ん坊連れで行きたいレストランがあるので同行して下さい」

なんもしない人は、もうすぐ1歳の男の子がいます。寝かしつけに2〜3時間かかる事も。

今日のレストランは今日閉店してしまう洋食店。学生時代からのお気に入りで、赤ちゃんと一緒にバスに乗り、最後の思い出に最後の味の記憶遺産を作りたいのです。

面白いキャラクターを拒否するレンタルなんもしない人。私も赤ちゃんの世話に明け暮れて、何もしない一日を過ごすばかりだという主婦(佐々木麻衣さん(徳永えり))。

レンタルさんは、なんもしない事で辛くなったりしないと言います。なんもしないに抵触する事はしない約束ですので、ベビーカーをたたんであげたり、荷物を持ってあげたりはしないのです。

ところが、ちょっと動いたのです。佐々木さんがお手洗いに行った間、赤ちゃんをあやしてあげて。感謝したお母さんから、キャップのプレゼントを。

やっぱり、「なんもしないのも、気まずい時があります」だそうです。

感想です。レンタルさんの代名詞のキャップ、認めてくれた上で、感謝されて。まさにいい仕事ですよね。

「ウフフ」。美人の奥さん(沙紀(比嘉愛未))の喜ぶ顔が目に浮かびますよ。どうして、そんな過保護なんでしょう。

比嘉愛未さんって、不幸な美女役多いですよね。どうして、ホレちゃうんでしょうね。

レンタルなんもしない人(ドラマ)6話のみんなの感想と考察!

https://twitter.com/tx_rentalsan/status/1260598869794021380
レンタルさんと主婦がレストランに向かう道中でバスに乗るシーンがあったと思うのですが、あの場面は結構自分も実生活で見かける光景で、大変だろうなという感情が湧きました。

それから子供にはなんの罪もないのはわかるのですがレストランなどで泣かれるとすごく不快に感じてしまうのは確かです。

ああいう場合はどのような対処が正しいのか自分でも答えが出ません。やっぱりあまり子供を連れてレストランなどに入ってはいけないという気持ちになってきますね。

https://twitter.com/tx_rentalsan/status/1260586064575676421
前々からではありますが将太の気のつかなさには憤りを感じるレベルにまで達しました。

今回、麻衣が赤ちゃんをベビーカーから動かすのに困っていても将太の動かない姿勢には怒りが込み上げてきました。

多分ドラマを見ていた人は結構腹が立ったんじゃないかと推測しました。早く動けよとか手伝えよと言葉に出そうになりました。

ただこのドラマの脚本を書いてる人かプロデューサーかはわからないですが、わざと視聴者をイラつかせてるのかなと思いました。

もしくはレンタルなんもしない人というタイトルからあまり動かせれないという可能性もありますが…。

個性豊かな依頼者の人たち。だから、レンタルなんもしない人は、プレッシャーを受けて、緊張してしまうのです。やはり、無料であっても依頼を受けるというのは、楽ではありませんね。

今話も、いわゆるドタキャンが発生。無料なので、マナーだけは守ってもらいたいところ、レンタルなんもしない人業をバカにしてしまうきらいがたまにあるんですね。

しかし、将太さんが利用した美容室の美容師さんの感じ、よい感じではありませんでした。そんな美容師さんって‥、残念ながら、いるんじゃないでしょうか。

どうか、応援をしたいですね。Twitterをフォローして、クセのある依頼者をチェックしたいのです。

レンタルなんもしない人(ドラマ)7話の展開や結末予想(考察)

https://twitter.com/tx_rentalsan/status/1260791862920507392
次回は終活に付き合ってほしいという依頼が入るみたいです。そこでレンタルさんは、きっと色々な死ぬまでの準備の手伝いをするのでしょうね。

お墓を探したり不用品の処分をしたり、そして一番はその老人の悩みを聞いてあげるのだと思います。

https://twitter.com/tx_rentalsan/status/1260599173243523072
終活に同行してほしいという年寄りの依頼を受ける将太がいるようです。ただ相変わらず役に立たない将太が存在するんだろうなと感じます。

そして将太がそんなに名言でもないんですが依頼者に響くコメントを最後に繰り出すんだろうなと予想しています。

なかなか、全面的人気というわけにはいかないような雲行きのレンタルなんもしない人業。次話の展開は、終活に付き合って欲しいと。

なんもしない人が、どうして、了解したのでしょう。気になるセリフも次話予告に。「この依頼、僕が死ぬまで終わりません」(将太)。心配になる結末にならなければいいのですが。