隕石家族

隕石家族6話のネタバレ感想と7話の考察!意外な秘密と恋の行方に注目!

家族にまた秘密ができてしまった和彦と、そしてキャプテンとの恋に新たなライバルが出現します。

翔太と結月は予想外の方向へ進んでいきそうです。

さらに、あの片瀬がなぜか門倉家にやってくることになりました。

隕石家族6話のあらすじからネタバレストーリー!隕石ショックに負けるな

https://twitter.com/tokaitv_dodra/status/1261667470378782721朝にスムージーを飲みながら門倉正子(松原智恵子)は「美味しい、夜のスムージーは。」と言っています。その言葉を聞いた門倉久美子(羽田美智子)は慌てて、「私のこと分かりますよね?」と聞きました。

娘の門倉結月(北香那)は恋人だった森本翔太(中尾暢樹)のことを思い出していました。

リストラされたことを家族に言い出せなかった門倉和彦(天野ひろゆき)は、自分の趣味の鉄道模型を売り、キャプテンこと片瀬清人(中村俊介)にお金を渡していたのでした。

そして、ハローワークに向かった和彦でしたが、ハローワークにには3時間待ちの大行列ができていました。

その頃清人は、高そうなレストランで、和彦から借りたお金で久美子と食事を楽しんでいます。

一方和彦は、「隕石ショックに負けるな」と書かれた炊き出しの料理をもらい、公園のベンチで食べていました。

するとそこに、娘の門倉美咲(泉里香)がきて、リストラされたことが美咲にバレてしまったのです。

自宅に戻ると、翔太の実家である森本家で、秘書をしているという木下と名乗る男性が訪ねてきました。

そして翔太が実は、資産家の息子だったことや翔太の父が亡くなったことを話し始めたのです。

そして、木下は「巨大彗星が1か月後に地球に衝突する可能性がある」、「結月と翔太に地球を脱出してほしい」と言い帰っていきました。

しかし、結月は「絶対行かない!」と言い張っています。

そして混乱する門倉家に、清人が同居することになります。

正子は清人を亡くなった夫だと思い込み清人に、「和夫さん」と声をかけました。

和彦は会社をリストラされたことを家族に言えないままでいました。

それでも片瀬のために、自分のお宝を売って、お金に換え、彼にお金を貢いでいます。

ある日、ベンチに座っている和彦を見かけた美咲は、和彦がリストラされたことを知りました。

しかし、和彦は美咲にこのことを黙っていてほしいと言います。

そして、翔太の実家の使用人が門倉家を訪ねてきました。

翔太はかなりの資産かの子息で、最近父親が亡くなったということでした。

生前、地球に隕石が衝突しても助かるように、彼の父親は翔太と二人で火星に脱出しようと思っていました。

しかし、それが叶わないことを知った彼は、翔太と大切な人を一緒に火星へ行ってほしいと願い、亡くなりました。

使用人の話では結月は翔太の大切な人なので、一緒に火星へ逃げてほしいと言いました。

門倉家の家族はその話に賛成しますが、結月は頑なに断り続けました。

一方、片瀬は和彦から借りたお金で、久美子と豪華ランチを楽しんでいました。

さらに和彦は片瀬に貢ごうとすると、そこへキャンピングカーを買取に来た業者が現れました。

和彦は住む場所を失った片瀬を連れて、帰宅しました。

久美子はそのことにとても驚きました。

ですが、さらに問題が起きました。

なんと、正子が片瀬の事を亡き夫と思いこんでいました。

なぜか、正子と片瀬を中心に夕食を食べ始めることになってしまいました。

困惑する久美子でしたが、取りあえず従うしかありません。


隕石家族6話のみんなの感想と考察!和彦について

爽やかで素敵な男性だと思っていた、清人の爽やかじゃない部分ばかりが見えてきたのがとても残念です。

和彦の気持ちが離れないように期待させる言葉をかけたり、和彦からお金を借りた時も久美子にばれていないかを気にしていました。

大人の男性としてはありえない行動だなと感じました。

ドラマとしてはかなり面白い展開だと思いますが、和彦の気持ちを考えると、凄く切なくなりました。

でも清人にも久美子にも、嫌な思いをさせないように接している、和彦を見ているとその懐の大きさや優しさが凄く伝わってきてとても素敵な人だなと思いました。

また母に認知症検査を勧めるシーンで、検査のことを言い出したのを久美子のせいにしていたのが、凄く和彦らしいなと感じました。

美咲と結月は和彦と久美子の実の娘では無いような話しぶりが気になります。

これは以前から、和彦と久美子が話をしていましたが、この秘密はどこかで彼女たちに話さなければいけなくなるのだと思います。

今回は結月の火星行きの話が出て、とうとうそこまで話が進んでいるのかと思ってしまいました。

ですが、結月は家族と離れたくないでしょうし、翔太の事も今さらと思っているようです。

さらに、正子の認知症が進み、片瀬のことを亡くなった夫の和夫と思いこんでしまっています。

片瀬は久美子だけではなく、和夫も正子も彼のことが好きになってしまったのだと思います。

片瀬の存在が、今後この家庭にどんな影響を与えていくのかが、今後の見どころになっていくでしょう。

 

7話の展開や結末予想(考察)!地球を脱出?隕石は本当に来るのか

正子に夫である「和夫」と勘違いされたまま始まった同居生活で、清人は和夫になりきり、気を使うこともなく生活していくのかなと感じました。

そして、和彦と久美子、正子での清人の奪い合いが始まるのかなと思います。

特に正子は、和夫(清人)が帰ってきたことで認知症の症状が緩和されるのではないかと思います。

そして、結月は翔太と地球を脱出することを決意すると思います。

もしかしたら、次回で結月の出生の秘密が明らかになるのかもしれません。

結月はとうとう火星に行く決心をするようです。

また、あれだけ門倉家をかき回してしまった片瀬は、どこかへ行ってしまうようです。

確かに片瀬が悪いわけではなく、門倉家の久美子や和彦、そして正子の方が好意を持っているような気がしました。

あと2か月で地球に巨大隕石が、今度は本当に衝突するのか気になります。

また、軌道を外れてほしいと密かに願っています。